十日市場駅より徒歩1分。診療時間外の往診もいたします。

ペインクリニック (痛み専門外来)

ペインクリニックとは?

痛み専門外来(ペインクリニック)とは、「ペイン=痛み」をあつかう「クリニック=診療所」のことです。痛み専門外来(ペインクリニック)では、「痛みを診る」「痛みを取る」というだけでなく、原因をはっきりさせて、その根本的な治療もします。病気の中には、原因がわかっていても根治できないものもあります。そのよう場合でも、内服薬(漢方薬を含む)、注射薬、外用薬(塗り薬)、理学療法などを使って痛みを和らげる治療をするのが痛み専門外来(ペインクリニック)の役割です。
 

治療方法

痛み専門外来(ペインクリニック)の主な治療方法は、注射による「神経ブロック」です。神経ブロックは、痛みを感じている神経を一時的に抑えてしまう治療です。神経ブロックをすることで、痛みを感じている部分の血管を広げ、血流を改善させます。血流が良くなると、患部に十分、酸素が行き渡り、患部に滞っている痛み物質も洗い流してくれます。痛み物質が綺麗に流れ去り、組織の回復が促されると、神経にとっては一時的なブロックであっても、その後、痛みが戻ってきません。
 

「痛みの悪循環」にはまっていませんか?

「身体の警告信号」として発せられている痛みは、むやみに取り除いてはいけません。しかし、それ以外の痛みは、身体にとって負担(苦痛)であり「不要な痛み」です。もし、痛みが続き「痛みの慢性化」になってしまうと、徐々に治療が難しくなっていくだけでなく、心にも身体にも大きなストレスとなり、痛みの改善がますます困難となります。このような状態をいわゆる「痛みの悪循環」といいます。
「不要な痛み」を速やかに治療して「痛みの悪循環」を断ち切り、明るい健康な生活ができるように何らかの方法で痛みを和らげる治療をするにが痛み専門外来(ペインクリニック)の最大の目的です。
 

対象

【頭痛】
片頭痛(へんずつう)、群発頭痛(ぐんぱつずつう)、筋緊張性頭痛(きんきんちょうせいずつう)、脳脊髄液減少症(のうせきずいえきげんしょうしょう)、低髄液圧症候群(ていずいえきあつしょうこうぐん)
 
【顔・頭部の痛み】
三叉神経痛(さんさしんけいつう)
 
【首の痛み】
頸椎症(けいついしょう)、頸椎捻挫(けいついねんざ)、頚髄症(頚部脊髄症)
 
【肩の痛み】
五十肩、肩関節周囲炎(かたかんせつしゅういえん)、石灰沈着性関節炎(せっかいちんちゃくせいかんせつえん)、腱板損傷(けんばんそんしょう)、肩こり
 
【腕の痛み】
上腕二頭筋長頭腱炎(じょうわんにとうきんちょうとうけんえん)
 
【手の痛み】
腱鞘炎(けんしょうえん)、手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)
 
【胸の痛み】
肋間神経痛(ろっかんしんけいつう)
 
【腰の痛み】
腰椎椎間板ヘルニア(ようついついかんばんヘルニア)、脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)、腰椎捻挫(ようついねんざ)、ぎっくり腰、坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)
 
【膝の痛み】
変形性膝関節症(へんけいせいひざかんせつしょう)、膝蓋靱帯炎(しつがいじんたいえん)、腸頚靱帯炎(ちょうけいじんたいえん)、鵞足炎
 
【足の痛み】
関節捻挫、足底筋膜炎(そくていきんまくえん)、アキレス腱炎、アキレス腱周囲炎
 
【全身に表れる痛み】
帯状疱疹後神経痛、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)、慢性関節リウマチ、神経因性疼痛
 
【その他】
顔面神経麻痺(がんめんしんけいまひ)、アレルギー性疾患(花粉症、アトピー性皮膚炎)突発性難聴(とっぱつせいなんちょう)、吃逆(しゃっくり)、自律神経失調症