十日市場駅より徒歩1分。診療時間外の往診もいたします。

診療内容

整形外科

【治療内容】
整形外科では、腰痛、肩こり、膝関節痛、肘関節痛、股関節痛などの慢性疾患や骨折、捻挫、脱臼、切り傷などの外傷、またスポーツ、交通事故などによる外傷等の整形外科一般を治療いたします。当クリニックには入院設備がありませんので、手術及びに入院が必要な患者さんには他医院を紹介させて頂きます。
 
【対象】
・打ち身、捻挫、擦り傷、切り傷、やけどなどのけが
・骨折、骨粗しょう症など骨の障害
・脱臼、炎症による腫れ、リュウマチ、老化・変形による痛みなどの関節障害
・足のシビレ、坐骨神経痛、肋間神経痛などの神経障害
・野球肩、野球肘、テニス肘、ゴルフ肘、腰椎分離症、膝半月板損傷、じん帯損傷、肉ばなれ、アキレス腱断裂などのスポーツ障害
・その他、腱鞘炎、ばね指、巻き爪、うおのめ、扁平足、外反母趾など
 

胃腸科

【治療内容】
胃痛、胃もたれなど、一時病院的なプライマリーケアをいたします。診察の結果、検査が必要な方には、当クリニックが提携している二次病院を紹介しています。
二次病院は、急を要する治療、検査などにも対応しています。
 
【対象】
・胃もたれ、胸やけ、腹痛、下痢、便秘など
 

運動療法・理学療法

【治療内容】
病気やケガなどによって身体が不自由になった人々に対し、座る、立つ、歩くなどの基本的な身体の能力の回復や向上、または新たにそれらの能力を獲得するための訓練を個別に行います。
運動療法では関節可動域訓練、筋力増強訓練、起居動作訓練(起きる・座る・立つ等)や歩行訓練、応用動作訓練などを実施しています。また理学療法として温熱などを用い痛みの改善や環境機能の改善を目指します。
 
【対象】
・脳卒中などの後遺症
・骨折後の歩行訓練
・関節の可動域回復訓練(関節の動きをよくする訓練)
・頚部、腰部の障害やそれに伴う上肢下肢の障害、肩の関節の障害
・膝関節等の変形による痛みなど
 

ペインクリニック

【治療内容】
ペインクリニックの代表的な治療法として「神経ブロック」という方法があります。神経ブロックとは、痛みの元となっている神経を特定しブロック(遮断)することで、痛みの悪循環を断ち切り、痛みの物質や痛みから発生した炎症性物質等を除去して、人体への負担そのものをなくします。
 
【対象】
・三叉(さんさ)神経痛、帯状疱疹(ほうしん)後神経痛などをはじめとする神経痛
・顔面痛、頭痛、筋膜疾患、頸部(けいぶ)・背部・腰部における筋肉のこりを伴う痛み
・悪性腫瘍による痛み、癌末期の内臓痛、胸痛、癌転移による痛み
・顔面けいれん、顔面神経麻痺(まひ)、突然性難聴
・五十肩、むち打ち症など    もっと詳しく見る>>
 

往診

当クリニックでは、往診に力を入れています。
病院に通うのが困難な方のご自宅に診療時間外に訪問、治療いたします。
現在入院しているが自宅療養を考えている方は是非一度ご相談下さい。